更新日: 2011-06-03 02:24:03

銭湯でリラックスして癒される方法

著者: aitenshihime

編集者: aitenshihime

閲覧数: 321

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by na0905

今ではお風呂は家にあるもの…。

家にお風呂があっても、無くても銭湯は癒しスポットです。
最近のスーパー銭湯から、昔風なレトロな銭湯。
 
その魅力を見直してみましょう。

STEP1 最近の子どもから見えてくるもの…。

・修学旅行や移動教室に行った子どもが共同浴場のマナーを知らない。
・また、恥ずかしくてみんなと入れない。
・タオルを巻いたまま、湯船に入る。
などと聞くと、うーん。と、唸ってしまいます。

知識だけで教えるのでは無く、実際に親子で体験に行きましょう。

STEP2 お風呂屋さんに行ってみる。

銭湯は、癒しスポットです。
家族で行ってみましょう。

露天風呂・電気風呂・打たせ湯、サウナ、水風呂、温泉湯使用、季節イベントなどと、行ってみるととても楽しめ、開放的なその空間で気分はリフレッシュします。

ほぼ、24時間営業の所などもあり、早起きして学校の前に入りに行ったりも出来ます。
夏は、ものすごく気持ち良く学校に行けます。

都道府県毎に検索サイトがあります。
東京のサイトhttp://1010.or.jp/search/

最近は、廃業する所もあるので、検索しても実際に行ったら無い、なんて事もありますので、電話で確認する手間も必要です。

STEP3

料金は東京・神奈川が大人450円と一番高い。

料金は、その都道府県により、差があります。
大人(大人料金)・中人(小学生料金)・小人(未就学料金)、の三種類。

・サウナ代金は無料と、別料金の場合もあり。
・自治体により、無料の日や、半額の日、など。

東京の場合、
大人450円
中人180円
小人 80円

全国の料金サイト
http://1010.or.jp/zenyoku/fee.php

STEP4 イベントも楽しめる。

各、都道府県で実施していますが、銭湯めぐりが出来ます。

スタンプシートがあり、制覇するとその数に応じて、HPに名前(ハンドル名)が掲載されます。

都内には800店以上の銭湯があるので、挑戦してみましょう。
制覇者リスト http://1010.or.jp/event/ohenro/

まとめ

・自宅風呂で疲れが取れない
・癒されたい

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

55

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
aitenshihime

はじめまして。

 長男・長女と2人の子どもから学んだり、経験した事を大勢の人に公開する事が、もしかしたら、人の役に立つかもしれないのではと思いまして...

必要なもの

入浴料金
入浴マナー