更新日: 2011-05-30 01:29:20

本格的!野菜たっぷりの「食べるラー油」の作り方

著者: pooh-n

編集者: pooh-n

閲覧数: 1116

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by is_kyoto_jp

ごはんのお供として、すっかり定着しつつある「食べるラー油」。読売テレビ「嵐にしやがれ」で紹介されていたレシピを紹介!中華の鉄人、陳建一さんが伝授する、本格派レシピです!

STEP1 ★材料

①ベースとなるラー油の材料
赤味噌    50g 
豆板醤    20g 
コチュジャン 50g
こぶ茶    6g
唐辛子    15g
砂糖     15g
サラダ油   400cc
ゴマ油    70cc

②具材の材料
レンコン   20g
エシャロット 60g
ニンニク   20g
ゴボウ    20g
干しエビ   20g

STEP2 ★作り方

① 赤味噌、豆板醤、コチュジャン、こぶ茶、唐辛子を混ぜます。
② フライパンでサラダ油とごま油を混ぜ、200度に熱しておきます。
③ 熱した油を①に混ぜ、冷まします。
④ 完全に冷めてから、砂糖を加えて、ベースのラー油が完成です。
⑤ 具材はすべて素揚げします。
⑥ 揚げた具材をすべて袋につめ、手で揉んで砕きます。
⑦ しばらく置いたラー油は味噌などが沈殿するので、上澄みの油を別容器へ移します。
⑧ 味噌の方に、砕いた野菜を入れて混ぜます。
⑨ 油を戻して、さらに混ぜれば完成です。

STEP3 ★作り方の重要な2つのポイント

①ベースのラー油を作るとき、必ず砂糖は最後に、油が冷めてから入れること!

うっかり最初に混ぜてしまうと、熱した油を入れたときに、砂糖が焦げてしまいます。同様に、油が冷めないうちに入れても、やはり焦げてしまいます。
砂糖が焦げると、ラー油が苦くなってしまうので、要注意です!

②揚げた具材をラー油に混ぜるときは、必ずラー油を油と味噌などに分けておくこと!

しっかりと味噌などが沈殿するのを待たなければならない為、面倒な作業ではありますが、この一手間がとても重要です。
分けずに入れてしまうと野菜が油分を吸ってしまい、せっかくカリカリに揚げた具材の食感が台無しになってしまいます。必ず、油と味噌を分けてから、味噌のほうに具材を混ぜるようにしましょう!

まとめ

食べるラー油のレシピはさまざまなものがありますが、このレシピは本格的なレシピとなっています。ちょっとがんばって作ってみようかな、という人にオススメ!
もっと手軽に作りたい、という方は、自分で野菜を素揚げせずに市販の野菜チップスを使ったり、揚げた干しエビの代わりにイカせんべいを使ってみると、かなり手軽に作ることができますよ!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

77

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
pooh-n

だんなサマと2人の子供、そして2匹のネコたちとのんびりライフを満喫中。

好きなことは…

★冷蔵庫とにらめっこして、オリジナルレシピを考える。 ...

必要なもの

読売テレビ「嵐にしやがれ-未知との遭遇」5/28放送