更新日: 2011-05-29 00:10:48

忙しい上司にちゃんと読んでもらえるメール返信をする方法

著者: tokolulu

編集者: tokolulu

閲覧数: 947

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by NanakoT

上司へのメールは、緊張しますよね。
特に部長以上になると、なかなか指が動かなくて、
何度も打っては消して・・・の繰り返し。
そんな時は、こちらのポイントを参考にしてみてくださいね。

STEP1 【Reを使わない】

タイトルを変えましょう。そのままReで返信するのではなく、
返信の内容を適切に表すタイトルにしましょう。
忙しい人は、タイトルでどのメールを先に読むかを決めます。
注目してもらえるタイトルに変えるのがコツです。

STEP2 【タイトルに相手の名前を入れる】

その際、「○○部長殿:×××の件」というふうに、部長の名前を
入れておくとさらに良い。
忙しい人のメールはcc:が大半。
cc:ではなくてto:である事を伝えるのに有効です。

STEP3

【場合によってはタイトルで用件を述べてしまう】

 例えば、「○○の件、××に変更しました:開封不要」など、
本文が短い場合はそれを全てタイトルに含めてしまって、
「:開封不要」とつけておく。
そうすると忙しい部長はメール開封の手間が省けます。
一日に何百通ものメールを処理する人にとっては
とてもありがたい返信です。株が上がること間違いなし!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

108

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する