更新日: 2011-05-28 22:08:13

からだに効く野菜の摂り方

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 231

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by oisa

野菜のことをもっと良く知り、かしこく、効率的に食べましょう。

STEP1 《ブロッコリー》

●野菜室より、肉や魚を入れている0℃に近いチルド室に保存しましょう。
 ただし、乾燥しやすいのでポリ袋などに入れて密閉しましょう。
●ゆでる時は塩と一緒に小麦粉を少し入れます。そうすることで、ビタミンC残存率が増えます。(2リットルのお湯に小麦粉小さじ1が目安)

STEP2 《にんにく》

●血液サラサラ成分の「アリシン」は、刻む、する、つぶすなどで使うと効果的です。
●ビタミンB1食材(豚肉など)と、一緒に摂ると吸収されやすくなります。

STEP3 《なす》

●“傷もの”のなすで皮はむかずに調理しましょう。
●皮の紫色には「ナスニン」という色素で、コレステロール値を下げ、動脈硬化の予防になります。
●皮には老化防止成分の「ポリフェノール」がたっぷりと含まれています。
 皮に傷がついていると、なんと含有量が2倍に!
 傷を修復しようとするパワーで、成分が増加。

STEP4 《もやし》

●長時間水につけると、ビタミンCが溶け出してしまうので、短時間つける程度にしましょう。

STEP5 《レタス》

●レタスに含まれる「ラクチュコピクリン」には安眠作用があります。
●安眠作用を高めるには、良質なたんぱく質と一緒に摂りましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

88

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する