更新日: 2010-09-27 02:00:52

冬春の観光名所こぼれ話 その二十八 宇美八幡宮

著者: 冬春

編集者: 冬春

閲覧数: 235

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 冬春

 名は体を現す。
 そんな神社のお話。

STEP1

 安産の神様として知られる宇美八幡宮だが、そもそも、この宇美という名前が『生み』からきていたりする。
 社伝「伝子孫書」によると、神功皇后が三韓征伐からの帰途に応神天皇を産んだ地に、敏達天皇3年に応神天皇を祀ったのが始まりで、鎌倉時代初期から安産の神として信仰されるようになった。

 ここの境内も出産関係の由来があり、境内には、神功皇后が出産のときにすがりついたという「子安の木」、応神天皇の産湯に使ったと伝えられる「産湯の水」などがある。
境内末社・湯方殿の前には「子安の石」と呼ばれる拳大の石が納められており、妊婦は安産を祈願してこの石を持ち帰り、出産後は別の新しい石を添えて返すという風習がある。

まとめ

 宇美八幡宮

 福岡県糟屋郡宇美町宇美一丁目1番1号

 JR九州香椎線 宇美駅
 西鉄バス 宇美八幡宮バス停

 公式HP
 http://www3.ocn.ne.jp/~umi8man/u_frame_1.htm

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

22

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
冬春

福岡県に住む物書きのはしくれ