更新日: 2011-07-19 15:29:26

正しい靴のサイズの見方

著者: deuxmagots

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 618

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by naka_hide

靴は、実際にお店ではいて、歩いてみればいいんですが、あとから、なんか合ってないな、ということもあります。正しいサイズの見方を紹介します。

STEP1

足は、歩いているとむくんできて、朝より夕方のほうが大きくなります。朝にあわせた靴は、夕方にはきつくなってしまうので、夕方以降に買うのが基本です。

STEP2

靴屋でお気に入りの靴を選びます。靴底の先が適度に反り返っていて、ヒールの面積が広いものは、疲れにくい靴です。選んだら、実際にはいてみます。

STEP3

靴は、ふつうにはくと、足が前にすべって、かかとに隙間ができます。そこで、かかとがピッタリくるようにはきます。

STEP4

かかとの隙間をなくしてピッタリさせ、靴のうえから、指先をさわってみます。このとき、足の指が圧迫されていなくて、すべての指が動かせればOKです。

まとめ

かかとはピッタリ、指先にやや余裕があれば、それが正しいサイズの靴です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

69

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する