更新日: 2011-07-19 14:40:13

頑張らない布オムツ育児

著者: pisaka001

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1496

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by pisaka001

産後用品を準備するときに布オムツと紙オムツで迷う方は多いのではないでしょうか。
紙オムツは洗濯の手間が要らない分、ゴミが増えます。
布オムツは洗濯の手間が増えますが、ゴミは出ません。
初期投資で考えると紙オムツの方が安く済みますが、
1年以上使うと考えると布オムツの方が経済的です。
一番悩むのが「布オムツは大変」という先入観ではないでしょうか。
そこで、私が実践している頑張らない布オムツ育児をご紹介します。

STEP1

産後用品として準備するのは布オムツ一式と紙オムツ1パックです。
(2パックセットの安売りがあればそれでも可)
布オムツだけにしてしまうとプレッシャーに負けて続きません。
疲れたら紙オムツに切り替えるくらいの気楽な気持ちで始めましょう。
布オムツ育児の話をするとお下がりがもらえる場合もあります。
抵抗がない方はママ友達に話して布オムツを譲ってもらうのも良いと思います。
オムツの種類は手間を省きたいなら形成型がオススメです。

STEP2 産後1ヶ月は赤ちゃんは一日に何度もうんちをします。

布オムツの下洗いが大変だと感じる方はオムツライナーを利用すると良いでしょう。
ライナー無しの場合はトイレにつけて流水で下洗いして、漬け置きします。
洗剤を溶かした水をオムツバケツに入れておくと漬け置きも簡単です。
おしっこだけのオムツでも洗剤水に漬け置きすると臭いが気になりません。

※洗剤の影響が気になる方はオムツ洗い用の無添加のものがオススメです。

STEP3 下洗いとつけおきをしたオムツは次の洗濯で洗いましょう。

他の洗濯物と分ける方もいますが、私は一緒に洗っていました。
下洗いしてあれば固形物のうんちが他の洗濯物に付着する心配もありません。
オムツ、他の洗濯物、無添加洗剤を洗濯機に入れて回します。
大人の洗濯物も無添加洗剤にしたおかげでプチエコな気分です。

STEP4 洗濯物を干します。

紙オムツよりは量が増えているので大変ですが、
赤ちゃんはよく着替えるので紙オムツでも衣服分の洗濯は増えます。
また、オムツは同じ大きさの布が大量に増えるだけなので干すのはそんなに手間になりません。
なるべくしわにならないようにすると畳むのが簡単です。
形成型布オムツなら畳む手間も不要ですが乾きにくいので、
裏返したり真ん中を空けるようにして干していました。

STEP5 取り込んで畳みます。

他の洗濯物と一緒に取り込んで畳みます。
形成型ならオムツ入れを用意しておいてそこに入れるだけ。
畳むタイプなら4つ折にして重ねておきましょう。

まとめ

疲れたら迷わず紙オムツを使いましょう。
赤ちゃんによっては紙オムツでおしりがかぶれてしまう子もいますが、
こまめに変えてあげれば防止できるはずです。
そして、余裕が出来たらまた布オムツにしてみましょう。
私は布オムツをメインで使っていましたが、
一日に1枚は紙オムツも使っていました。
特に夜はお母さんも大変なので紙オムツにしておむつ交換を1回くらいサボるのもいいかも。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

104

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

・布オムツカバー
・布オムツ30枚程度(形成型がオススメ)
・オムツバケツ
・紙オムツ1パック
・無添加洗剤(赤ちゃん用品の洗剤に拘る方のみ)