更新日: 2010-09-24 20:35:28

歴史小説を時代順に読む方法

著者: BEAR

編集者: 蜜柑

閲覧数: 338

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by gtknj

歴史小説を時代順に読む方法です。☆は読みやすいものになります。織豊時代~明治時代までをリストアップしてみました。

STEP1 《織豊時代》

■津本陽『下天は夢か』…織田信長
■羽山信樹『光秀の十二日』…☆明智光秀。魂を削って書かれた凄みのある傑作。ほかに同じ作者の『滅びの将』『夢狂いに候』もオススメ。
■山田風太郎『妖説太閤記』…☆豊臣秀吉
■野上弥生子『秀吉と利休』
■荒山徹『高麗秘帖』…李舜臣。秀吉の朝鮮出兵を朝鮮側から描く。最後の海戦シーンが圧巻。
■司馬遼太郎『関ヶ原』…☆関ヶ原の戦い

STEP2 《江戸時代》

■司馬遼太郎『覇王の家』…徳川家康
■隆慶一郎『影武者 徳川家康』
■佐竹申伍『真田幸村』…☆大坂冬の陣・夏の陣
■中津文彦『闇の天草四郎』…☆島原天草一揆
■山本周五郎『正雪記』…慶安事件
■中村彰彦『知恵伊豆に聞け』…松平信綱(江戸初期の幕政の安定に貢献)
■山本周五郎『樅の木は残った』…伊達騒動
■池宮彰一郎『四十七人の刺客』…赤穂浪士討入り
■杉本苑子『元禄歳時記』…☆5代将軍・綱吉の頃。彩り豊かで実に楽しい小説。
■藤沢周平『市塵』…正徳の治(新井白石)
■清水義範『尾張春風伝』…☆徳川吉宗VS徳川宗春
■北原亞以子『江戸風狂伝』…☆平賀源内など
■山本周五郎『栄花物語』…田沼意次
■吉村昭『間宮林蔵』
■平岩弓枝『妖怪』…天保の改革

STEP3 《幕末~明治維新》

■佐藤雅美『大君の通貨―幕末「円ドル」戦争』…開国後の日本経済
■岳真也『麒麟 橋本左内』…☆安政の大獄
■吉村昭『天狗争乱』…天狗党の乱
■大島昌宏『罪なくして斬らる』…幕臣・小栗上野介
■司馬遼太郎『燃えよ剣』…☆新選組・土方歳三
■古川薫『高杉晋作』…☆長州の動き
■津本陽『龍馬』…坂本龍馬、薩長同盟
■海音寺潮五郎『江戸開城』…江戸城の無血開城
■海音寺潮五郎『敬天愛人 西郷隆盛』…薩摩の動き
■岳真也『北越の龍 河井継之助』…北越戦争
■綱淵謙錠『戊辰落日』…会津戦争
■佐々木譲『武揚伝』…☆榎本武揚、箱館戦争

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

64

関連タグ:

BEARさんのコメント

2010/09/28 18:34:13

なるほど、有難うございます!

takki848さんのコメント

2010/09/24 20:20:02

《織豊時代》
個人的にですが織豊時代の最初に「国盗り物語」(斎藤道三)が入っていたほうが良いと思います。
織田信長や明智光秀に密接につながっていると思います。

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する