更新日: 2011-07-21 22:42:09

フォトリーディングの練習方法

著者: BEAR

編集者: kumapis

閲覧数: 1478

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

フォトリーディングってしってますか?ただの速読方ではなく、文字を写真のように頭の中にインプットしながら、本を読み上げる方法です。

STEP1

準備というもので、読書の目的を設定し、みかん集中法という読書の最適な状態にします。

STEP2

予習というもので、本の目次や本のをぱらぱらめくって、キーワードを10から20個ぐらい見つけ、3~5分ぐらいかけます。

STEP3

フォトリーディングといい、文字を読まないで(つまり左脳を働かせない)、文字を絵のように本全体をぼんやりと眺めて、本一ページ一秒で、右脳を利用して呼んでいきます。フォトリーディングしても、本の内容は、わかりません。きっとサブリミナル効果みたいな感じで、意識上ではわからないのですが、無意識になにか働いている感じだと思います。

STEP4

活性化といい、右脳でフォトリーディングしたことを、意識上に引っ張ってくる作業です。フォトリーディングした後、その本に対する質問を明確にして、その答えを探していきます。本をパーッと横に読んでいき、目に付いたキーワードが出てきたら、その部分を読みます。大体活性化は5分ぐらいで、3,4クールすることが多いです。

STEP5

だいたい以上で、読書を終わりにしますが、読み足りないと感じたら、高速リーディングをします。この高速リーディングというのは、従来akiさんがやっていた速読と同じように考えていいと思います。フォトリーディングでは、4つのステップで必要な情報が得られるので、あまりやりません。

まとめ

活性化したときに、内容を忘れないように、マインドマップを作ることが多いです。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

26

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する