更新日: 2011-07-31 19:25:09

お弁当のご飯に一工夫

著者: kikukikupon

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 746

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jetalone

 現在はエアコンの普及により、季節を問わず、部屋の中は常に25度前後です。人間にとって快適な温度ですが、食べ物が痛みやすい温度でもあります。

 お弁当を美味しく保つ為に、ちょっと工夫をしてみませんか。

STEP1 ●梅干を活躍させる

 ご飯を炊く際、梅干を一粒、一緒に入れておきます。これだけで、抗菌作用が発揮されるのです。

 加えて、お弁当箱に詰める時にも梅干を乗せておくと、全体が腐りにくくなります。小さな梅干でも、その力は侮れません。

STEP2 ●お酢を活躍させる

 これも梅干と同じです。ご飯を炊く際に、少量、水に加えるだけです。

 おすしは、痛みやすいご飯と魚を腐りにくくさせる為に、生まれた料理です。このことを考えると、お弁当にお酢はあって当然の存在です。

 おかずに酢の物やマリネを入れるのも、良いでしょう。また、卵焼きにお酢を少し混ぜて焼くと、ふんわりと焼き上がり、腐りにくくもなります。

まとめ

他、わさびも強い抗菌作用があります。ただ、これは火を通さないという前提があってこその力なので、お弁当には向かないかも知れません。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

104

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する