更新日: 2011-05-22 17:40:29

中学受験の情報収集

著者: bplanet

編集者: bplanet

閲覧数: 221

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by kenjimori

中学受験に挑戦する際の注意事項は、たくさんの情報を得ることらしい。子どもは勉強、親は応援と情報収集。

STEP1 読売新聞から

5月21日付けの読売新聞に記載されていた記事から一部ご紹介します。
昨今の雇用情勢や不景気な時代を生き抜くためにも、子どもにキャリアを、と願う親は多いそうです。中学受験事情に詳しい専門家のお話には、なるほど、と思わされる親の心構えがありました。受験生がいらっしゃるお母様方、ご参考になさってください。

STEP2 心構え

現状として、受験をする子どもの「母親が孤立する」危険性が高いそうです。上手に何らかのコミュニティーや、受験生の母親達と溶け込むことができず、知らず塾と学校だけの世界に陥り「心に余裕がなくなる」母親が多いそうです。また、多くの方が一人っ子なのでみんなが初めての受験、その経験を次に生かすことができません。専門家は、「低学年の時は、いろいろな体験や遊びに取り組ませたほうがよい」と言っています。塾と学校だけでは弊害がでる恐れがあるそうです。また、親子で塾の勉強さえすれば良いという考え方でなく、「本も読まないとだめよ」(趣味や息抜き目的)や、「息抜きに楽器でも演奏したら」など、親が子どもの気持ちをリラックスさせることが大切のようです。親は、勉強勉強!とプレッシャーをかけるだけでなく、上手く息抜きをさせることができる余裕をもつこと、が心構えとして必要になります。

STEP3 情報収集

塾で行われる会合に参加するのはもちろん、+アルファでインターネットから得た情報とを全体的にみて判断をする必要があります。その時に、掲示板は貴重な情報源です。ただし、信憑性が疑わしいものも中にはあるようですので、ご注意ください。学校の説明会へ行かれる際は、前もって情報を得て、事前に質問を用意して行かれるのがよいそうです。子どもの性格や、興味に学校の校風などが合っているか、を親が見極めてあげることによって、入学後にこんなはずでは・・・が回避できます。

まとめ

親は焦らず、心に余裕をもちましょう
インターネット・塾の会合・志望校説明会、関係者から得られる情報を総合判断して子どもに合う学校選びをしましょう。
参考 5月21日読売新聞(21面)より

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

42

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する