更新日: 2011-05-24 01:49:33

夏の麻バック!100円ショップで節約手作り

著者: susukiargenteo

編集者: susukiargenteo

閲覧数: 9574

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by susukiargenteo

夏に向けて、涼しげな麻のバックを手作りしてみませんか。
100円ショップで材料は全て揃うから、お手軽、節約で簡単に出来ます!
編み物初心者の方も楽しいから是非チャレンジしてみて!
プレゼントにも喜ばれる事間違いなしです。

STEP1 1日あれば出来る

Photo by susukiargenteo

 見て見て!出来上がりはこんな感じ!私は毎日のエコバックが欲しかったので少し大きめです。ここから、セロリやバゲットがのぞいたら可愛いかなあ・・・とルンルン♪
ちなみに写真のは50センチ×35センチ。
大きさは自分の欲しい大きさで作ってみてください。
なんてったって麻は丈夫だし、夏らしさ抜群!
思いたったら、すぐできるので、自分用でも、プレゼント用でもラクラク出来上がります。

STEP2 作り始めましょう

Photo by susukiargenteo

 
 材料は100円ショップで揃います。
梱包用の売り場に麻糸があります。1玉売りだったり、3玉セットだったりしますが、長さを計算して長い方がお得!ちなみにこれは、3玉ワンセットを3つ買って300円でした。
かぎ針は8・9号くらいから。号数が大きくなるほど針が太くなります。これも100円ショップで売っています。梱包用の麻糸はそんなに細くないから、大きめな号数のかぎ針がいいと思います。
最初は、くさり編みから。
これが底の横の長さになるので大きさを決めながらくさり編みしていきます。ちなみにこのバックの場合50センチです。

STEP3 底を作ります

Photo by susukiargenteo

 まず、長編みを繰り返して底を作ります。
底の大きさもお好みで。私はエコバックだったから10センチ幅にしました。
お買い物でレジの時、かごに口を広げていれておくと、きれいに詰めてくれます。
また、最近は自分でレジできるスーパーもあるので便利にしてます。

小さなバックをご希望ならご自分のお好きなサイズに決めてください。
お弁当バックや、車からちょっと持ち出す時の小ぶりバックも可愛いです。
細長く縦長に作れば、ワイン入れになります。プレゼントの時オシャレですよね。

基本は長編みを繰り返すので、四角になります。
正方形の人も、長方形の人も、でるはずです。入れたいもの、作りたい底の大きさにしてください。

STEP4 さあ!全体像が見えてきます。

Photo by susukiargenteo

 底を編めたら、平らにして、端をすくい上げるように長編みを立てていきます。
そのままぐるりと一周したら、お好きな高さまで長編みで段数を増やして生きます。

お弁当バックだったら12センチ×18cmで高さが15センチくらいでしょうか。
お弁当の大きさや、マイボトルの大きさに合わせてくださいね。

ちょこッとバックなら、お財布や、銀行の通帳などが入るくらいの大きさがかわいいですね。お子様がお手伝いしたいお年頃なら、おそろいで、ちいさめを作ってあげると喜ぶかもしれません。
ワインバックはもちろんワインボトルのサイズで。
最近は焼酎や、ハイボールでウィスキーが見直されているからそんなサイズで作ってプレゼントしてもかっこいいかもしれないですね。オリジナル度アップです。

STEP5 最後の仕上げです

Photo by susukiargenteo

 持ち手は、後付するのも大変だし、丈夫さも考えてバックと一続きに編みます。
写真のように、あと3~5センチでお好みの高さのサイズになる時、細編みに変えていきます。ぐるぐると細編みをしていきながらお好みの高さになったら、手が通る幅をあけて細編みだけ進めます。肩を通して持ちたい方は、人によりますが、エコバックなら持ち手は55~58センチぐらいは必要です。肩や、腕が通るように持ち手の付け根の間隔は20センチくらいでしょうか。ご自分の身長等に合わせて、お作りください。
お好みのバックがあればサイズの参考にしたらいいですね。

STEP6 細編みの説明

Photo by susukiargenteo

 細編みは、こんな感じ。この3センチ~5センチが持ち手の幅になるので、バックの大きさに合わせて幅を決めたらいいと思います。あまり細いと、重たいものを持つ用のエコバックなどには不向きです。
ちょこッとバックや小さいものでしたら細いままでもかわいいと思います。

斜めがけのバックならかなり長くなりますから、頑張って細編みしていきましょう。
この長さもご自分に、合わせながら確かめながら編んでいきましょう。

STEP7 おまけにチャレンジ

Photo by susukiargenteo

 途中で長編みとくさり編みを繰り返し、柄編みにチャレンジ。ちょっとすかし風にしてアレンジしました。もちろんなくても十分かわいいです。
編み物経験のある方は1日かからないで出来ると思います。
初心者に方でも、1日あれば出来ます。麻糸は思ったより硬いので毛糸のようにやわらかくないので最初は硬いなーと思うかもしれませんが、伸びない分、網目がきれいに揃います。

お友達へのプレゼントもぜひお勧めします。
又、オリジナルっぽくしたかったので、同じく100円ショップで買った料理用タコ糸でお花を編んでアップリケにしました。皆さんもリボンやビーズをつけたり、お気に入りを
アップリケしたらよりオリジナル。オンリーワンです。

ほかにも、パッチワーク用の生地を貼り付けたり、貝殻や、かわいいストラップをつけてもオリジナルな感じになります。ぜひお試しください。

全て100円ショップで揃います。探検して、楽しんで夏の準備、麻バックをつくってください。

まとめ

簡単に出来ます。
材料費もかからないで、好きなサイズのバックが出来ます。
プレゼントにも最適。
初心者の方も是非チャレンジを!
楽しく作って、夏を楽しみましょう!

photo by 著者

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

111

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
susukiargenteo

手作りが大好きです。
料理や、ケーキ、手芸など幅広く楽しんでいます。

子育ても一段落、数々のお受験もクリアーし、今、自分磨きを楽しんでいます。
...

必要なもの

・麻糸
・かぎ針
・楽しむ心