更新日: 2011-05-22 15:21:13

お礼のはがきのを簡単、簡潔に書く方法

著者: 7pikari3

編集者: 7pikari3

閲覧数: 371

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by senov

頂きものをしたとき、メールや電話でお礼の言葉を伝えることが多いですが、目上の方に失礼のないよう簡単、簡潔にはがきに書く方法を紹介します。

STEP1 校正

①前文
②主文
③末文の3本柱

各平均2行程度

STEP2 前文

頭語(前略・拝啓など)
時候のあいさつ

相手の安否をたずねることば
(おくりものに対する礼状の場合は、おくりものが相手が元気だというあいさつがわりでもあるので、問う形はつかわない)
例)お元気でお過ごしのことと存じます。

STEP3 主文

起語
本文

感謝の気持ちを伝えるメイン・パート
相手の好意に対する感謝の気持ちや喜びが正確に伝わるよう、わかりやすく簡潔にまとめる。

STEP4 末文

自愛や繁栄を祈る言葉
用件を結ぶ言葉
結語

相手の健康と幸せを祈る結びのあいさつで締めくくる。

例)ご自愛のほどお祈り申しあげます。
  まずはお礼まで

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

57

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する