更新日: 2012-05-07 11:18:14

生き生きとした動物写真を撮影するコツ

著者: 朝焼けと煙

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1247

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Sig.

野生の動物など、ありのままの姿を撮影したいと思っても、なかなか要望通りに応えてはくれません。身構えている強ばった表情よりも、やはり自然な、リラックスした表情の方がらしさが出ます。警戒心をなるべく取り除いて、自然な写真を取れるコツです。

STEP1

カメラを用意します。フォーカスによるぼかしがある方がより綺麗に撮れるので、出来ればフォーカス調整機能の付いた、一眼レフカメラなどをおすすめします。

STEP2

動物を見つけたら、その動物に真っすぐ近づく…のではなく、こちらも警戒心を解いて、回り道などして、ごく自然にゆったり近づく様にします。

STEP3

この時、動物からは視線をそらしておく方がよいでしょう。

STEP4

目的の距離に近づいたら、そっと動物と同じ目線の高さに屈みます。

STEP5

カメラを通して、その動物と「会話」をしながら撮影しましょう。言葉は通じませんが、気を許すという行為は伝わります。仲良くなりましょう。

まとめ

時々、動物と同じ表情(近い表情)などしてみると、より打ち解ける事ができます。羞恥心は捨てて(笑)

[PR]大切なカメラを守る!賃貸入居者専用家財保険

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

99

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

動物を愛する気持ち、ある程度のカメラの知識