更新日: 2011-08-16 15:22:12

ホテルでもぐっすり眠る方法

著者: kikukikupon

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 654

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by kikukikupon

 普段と違う場所では、中々眠れない方は多いのではないでしょうか。ホテルのサービスや、ちょっとした工夫で快適な眠りを手に入れませんか。

STEP1 ●枕の固さが気になる場合

 ホテルによっては、枕を数種類用意してある所があります。フロントに問い合わせてみてください。快い睡眠は枕からです。

STEP2 ●マットレスの固さが気になる場合

 普段、仰向けで寝ている方にとっては、とても気になることでしょう。さすがに素晴らしいサービスを提供するホテルでも、マットレスの交換までは難しいですね。

 この場合、うつ伏せで寝てみてください。背中の違和感が眠り難くさせています。だったら、背中にマットレスが当たらないようにすれば良いのです。

 うつ伏せ寝は不眠に効果があると言われているので、普段と違う場所で眠るには最適の寝方です。

STEP3 ●心細い場合

 ここでも枕の登場です。フロントに頼んで、もう一つか二つ、枕を用意してもらいます。この枕はわき腹の辺りに置きます。人間は不安な時、柔らかい物が傍にあると安心するものです。

 枕に癒してもらうだなんて寂しい、とお思いかも知れませんが、一日かせいぜい数日のことです。少しの間、添い寝をしてもらいましょう。

STEP4 ●静か過ぎて逆に怖い場合

 ユニットバスのついている部屋であれば、換気扇を回しっぱなしで眠るのも一つの手です。

 また、タオルを濡らして、空調機の前に干すという方法もあります。部屋の乾燥を防ぎ、適度な音もしますので、静けさが気になる方はお試しください。

STEP5 ●快眠グッツの利用

 アイマスクや耳栓をサービスしてくれるホテルもあります。頼んだことの無い方が多いのでは。部屋に置いてある利用案内で、調べてみてください。

 無料でなくても、かなりリーズナブルなお値段で提供してくれます。

STEP6 ●荷物にパジャマを加える

 備え付けの浴衣やナイトウエアでは眠れない方は、少し荷物になっても、ご自宅から普段から着慣れているパジャマを持参されるのをお勧めします。ズボンだけでも違います。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

94

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する