更新日: 2011-06-20 18:45:22

暗いところを怖がる子どもの対処法

著者: kakoteke

編集者: kakoteke

閲覧数: 7236

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by nimame

暗い場所を極端に怖がる子がいます。
そんな時、大人はどのようなフォローを
してあげたら良いのでしょうか。

STEP1 【恐怖は当たり前】 

 息子が4歳頃からそうだったのですが、暗いところを大げさなくらい
嫌がりました。慣れない場所だとなおさらです。(祖母宅に行くと
全ての灯りを点けて回るくらい^^;)
 暗闇に恐怖を感じることはごく当たり前なのだそうです。自分が
子どもの頃も少なからずあったのでは?まずは子どもの「怖い」という
感情を認めてあげることが大切だといいます。ご自分の経験や、
大きくなったらだんだん平気になることを話してあげましょう。

STEP2 【親が安定剤に】 

 寝室が暗いのを怖がるのであれば、寄り添って話をして緊張を
ほぐしてあげたり、寝入るまで灯りを点けてあげるのも良いでしょう。
本当に眠くなれば明るくても子どもは寝ます。

STEP3 【暗闇は怖くない!】

 
 また、少しずつ暗いところに慣れさせていく方法もあります。例えば、
夕食後などにキャンドルだけを灯して「キレイだね~」と優しく
声をかけたり、子どもの好きな発光する玩具を用意してあげたり、
星空を眺めたり、「探検ごっこ」と言って暗い部屋をみんなで手探りで
探検する遊びなどを通して「暗いところは怖くない」という事を子ども
知れば安心するでしょう。

STEP4 【気長に構えましょう】 

 どんなに怖がっていても時期が来れば平気になってくるものです。
神経質になりすぎず、ゆったり子どもを包みこんで安心させて
あげましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

116

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する