更新日: 2011-05-12 18:34:26

思いついたアイディアを上手に書き溜める方法

著者: れい

編集者: れい

閲覧数: 759

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by dumbledad

アメリカでシナリオライターが映画のアイディアを書き留めておくために使う方法なんですが、小説や芝居、アニメなどのストーリーや、ビジネスの企画、起業のアイディアなどにも応用できます。

STEP1 ☆ 厚めのノートを用意する ☆

厚いノートを用意します。100ページぐらいのものが良いです。

STEP2 ☆ ノートをセクションで分ける ☆

作品や商品・ビジネスのタイトル(キャッチコピーなども)、アイディアの詳細、思いついたきっかけ(印象に残る場面・会話など)ごとに、ノートをセクションで分けます。インデックス付きノートが良いですが、ない場合はタブインデックスを使うと良いです。フィクションのアイディア・ノートであれば、登場人物と人物像、ロケーション、台詞・会話の1部を書き溜めるためのセクションも作ります。(計5-6セクション)

STEP3 ☆ アイディアを書いていく ☆

アイディア・ノートが用意できたら、どんどん書き込んでいきます。アイディアの詳細などスペースが必要な項目は、1つにつき1ページ使うと良いです。

STEP4 ☆ メモ帳も併用 ☆

重いノートを持ち運ぶのは大変なので、外出先ではメモ帳を使います(携帯でもOK)。思いついたアイディアを書き留めておき、後でアイディア・ノートに書き写します。

まとめ

アイディアは作品や企画というパズルのピースとなるものなので、自由に書いていくのがポイント。ピースが揃ったら、企画として1つにまとめ、プロジェクトとして進めましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

104

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
れい

著書「英語学習が変わる! 最強オンライン辞書weblioのひみつ」が発売されました。
weblioを使って英語を勉強するヒントがいっぱい詰まっています♪...

必要なもの

厚いノート
豊富なアイディア