更新日: 2011-06-13 14:45:44

うつ病の予防法

著者: smap1

編集者: smap1

閲覧数: 758

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by smap1

心をふさぎ込んでしまう前に、生活にちょっとした工夫をとりいれてみましょう。

STEP1 脳のストレスをとる

人間の脳は、言語活動をつかさどる左脳と、
感覚的な活動をつかさどる右脳に分かれています。
悩みやストレスがあるときに働いているのは「左脳」です。

じつは右脳を刺激することで、働きすぎて疲れた左脳を自然と休ませることができるのです。

右脳を刺激するのにおすすめのが、味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚の“五感”を刺激することです。
普段の仕事ではしないような、音楽を聴いたり、料理をつくったり、絵を描いてみたり、きれいな景色をみるなどがおすすめです。

STEP2 右脳を刺激するには

おすすめは、味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚の“五感”を刺激することです。
普段の仕事ではしないような、音楽を聴いたり、料理をつくったり、絵を描いてみたり、きれいな景色をみるなどがおすすめです。

STEP3 食事で栄養補給

「うつ病」の人に不足しがちな栄養素は、ビタミンB3、ビタミンB6だということがわかっているそうです。
ビタミンB3は、脳神経の働きを助けます。ビタミンB6はアミノ酸からセロトニンを合成するのに不可欠なものです。
これらが多く含まれるのは、マグロやカツオ、レバーなどです。
食品からとるのがむずかしい場合は、サプリメントを利用するのもいいでしょう。

まとめ

photo by 写真素材足成

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

90

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する