更新日: 2010-09-22 20:46:53

受験は親と子の共同作業

著者: ichi120620

編集者: ichi120620

閲覧数: 162

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by kawanet

たとえば、どこの塾がいいとかくらいなら、調べている親はいると思います。でも、どの参考書がいいとか、どの問題集が使いやすいとかまで調べている親は少ないです。自分の子どもを合格させたいのなら、調べ物はできるだけ親がやりましょう。子どもは、試験に必要なことを覚えたり、問題を解くことに専念させるべきです。難関であれば、あるほど、子どもに余計な時間を使わせてはいけません。

STEP1

子どもには、なるべく、勉強に専念する環境を作ってあげる。

STEP2

何かに迷っているならば、親が調べる。

まとめ

たとえば、数学の問題集を探すならば、アマゾンなどで評判を調べることができます。でも、こんなことを、子どもがやっていると、肝心の勉強の時間が減ってしまいます。そんな情報は親が集めてあげるべきです。子どもが難関校に合格している親は、受験評論家並の情報を持っています。受験は親と子の共同作業なのです。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

21

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ichi120620

二児の父です。