更新日: 2011-07-20 13:09:12

魚をさばく際の、内臓の取り出し方。

著者: 朝焼けと煙

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 669

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Dakiny

買って来た鮮魚や、釣って来た魚。手に入ったはいいものの、どうやってさばけばいいのか分からない、そんなお魚ビギナーの方へ。調理前の第一歩の作業でもある、一般的な内臓の取り出し方をご紹介。

STEP1

まず、鱗のある魚の場合は先に鱗を取ります。専用調理具、または包丁の背の部分で削ぎ落としましょう。

STEP2

腹部分に、縦に切れ目を入れます。

STEP3

内臓と繋がっている、エラを取り出します。エラ蓋から包丁をつっこみ、上下を切り、指で引き抜きます。(ステップ2、3の順番は逆でも可)

STEP4

後は腹の切れ目に包丁を入れ、包丁の背の部分などで内臓を取り出し、最後に腹の中を流水等で水洗いすればOK!

まとめ

時間をかけ過ぎると手の温度などで魚が痛む可能性があります。なるべく手早くが理想。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

92

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

包丁、まな板、水道