更新日: 2011-05-07 02:11:45

ブログでの誹謗中傷

著者: akibacchi2980

編集者: akibacchi2980

閲覧数: 477

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by TheRealDavidFrancis

ある日、会社の人間のブログを発見してしまった。
「アホ!ボケ!」「仕事できないやつめ!」「斜め前の女が・・・」などの誹謗中傷が、実名こそは記載がないが、業務時間内に書かれている。
こう言うケースは実名がなくても名誉毀損になるのか?

STEP1 人を特定できないので、名誉毀損にはなりません。

そもそも名誉毀損となるのは、実名を公表している場合です。
一部の会社の人間だけが把握できる範囲では、
名誉毀損には値しません。

STEP2 名誉毀損とは、社外の人間に、質問者様の名前を公表し、

かつ、誹謗中傷を行う行為に対して生じるものです。
また、著名人であればあるほど損害賠償の価値があるものですが、
一般人については、数万円くらいが損害賠償の範囲になります。
要は、場所を変えてやり直せる、というものです。

まとめ

ネチケットの問題は残りますが、
法律が介入できるとは考えられません。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

79

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する