更新日: 2011-06-20 14:56:36

足の裏をしっかりつけて、痩せやすい体にするポイント!

著者: snow14flower

編集者: snow14flower

閲覧数: 1263

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 池田隆一

足の裏をしっかりつけて、インナーマッスルを鍛えれば、痩せやすい体になってゆきます。

STEP1 [足裏の3点とは]

足の裏の「親指の付け根」「小指の付け根」「かかと」に重心を均等において立ちます。この3点をつけて立てば、背骨を支えるインナーマッスルが鍛えられるのです。

STEP2 [前に倒す]

両脚を肩幅くらいに開き、両手は体の横につけます。足裏が床から離れないようにできるだけ体を前に倒します。体重は親指に付け根と小指の付け根にのせます。

STEP3 [後ろに倒す]

反対に、かかとに体重をのせて体を後ろに倒します。上半身だけが後ろに行かないように注意しましょう。

STEP4 [左右に倒す]

最後に床から足裏が離れないように、左右にできるところまで倒します。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

112

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する