更新日: 2010-09-22 00:08:00

余分なものは挟まない! ~受験に失敗しないために~

著者: love-syoko

編集者: love-syoko

閲覧数: 236

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by love-syoko

「ゲン担ぎ」ということばがありますが、大事な試験を受けるとき「落ちる」を連想するようなものは避けたいですね。私の同級生が経験した、その悲劇とは……!?

STEP1

保育士資格試験には「ピアノ実技」があります。1975年、私が受けたときは「8:保育実習」のなかのひとつでした。
試験は、課題曲:1曲と自由曲:1曲で、課題曲は「バイエル76番」でした。自由曲は、文字通りまったく自由です。社会人受験生のなかには、保育現場で弾いている曲を用意している人もいるようでした。

STEP2

試験会場は、入口と出口すべてが解放されていて、ちょうど集団検診会場みたいな雰囲気でした。他の受験生が演奏する曲は、まる聞こえになります。自分の番が近づくにつれ、曲の出だしがわからないとパニックになる同級生もいました。
かくいう私も、暗譜はできているものの、途中で止まってしまったら最悪! なんとか、それだけは避けたいとの想いで受験! 無事、終了しました。

STEP3

私より後で受けた同級生のひとりは、ふだんからピアノはよく弾ける子でした。にもかかわらず、落ちてしまったのです。
その理由は、苦手な曲を選んでしまったこと(先生が勧めるのを断れずに)と、ピアノ曲集に挟んでいたプリントを試験前にストンと床に落してしまったからだということです。

まとめ

保育士資格試験の合格科目は3年間有効になります。翌年、社会人になった彼女は、ピアノも含め「保育実習」を受け直して無事合格しましたが、受験にはなにがあるかわからないと思い知らされたエピソードでした。

これから、なんらかの試験を受けるみなさん。余分なものはテキストなどに挟まないように注意してください。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

43

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

余分なものは持っていかないこと