更新日: 2011-05-06 02:52:31

子供のバカンスアイテムの選び方

著者: ココラバー

編集者: ココラバー

閲覧数: 397

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Joseph Gray

子連れで旅行する際、TPOを考えたおしゃれで楽しいアイテムをどう選ぶか。

STEP1 【バカンスだから】

普段の生活で着るお洋服、靴でなく、バカンスならではのファッションを楽しみましょう。麻素材、カゴバッグ、サングラス、ストローハットもチェックを。

<サマードレス>

コットンでカジュアルなさらっと着れるタイプ、ストラップで常夏イメージのデザインドレスなど、まずは色を楽しみましょう!イエロー、オレンジ、薄いブルー、パープル、ピンクなどは思い切った派手色の方がバカンスではうきません。かえって、モノクロや渋めカラーは 暗く見える場合も。カッティングは夏らしい、レーサーバックやホルターネックなど、子供もデザインの変化を楽しめるようにするのも◎です。


<ショーツ>

楽に履けるベーシックなボトムは、白のショートパンツとデニムがあればばっちり。あとは楽チンなアクティブボトムがあればよし。涼しい日用に一枚くらい長いパンツがあると便利です。

<はおる物>

ビーチといっても、夕方に気温がぐっと下がることもありますので(もちろん場所によります)、コットンフーディー、カーデガンがあると便利です。

<靴>

旅先ではどれくらい歩く必要があるのか未知ですので、絶対におしゃれだという理由だけでは靴は購入しません。ガンガン履いて大丈夫なもの+手持ち服にあうデザインのおしゃれ靴を探します。旅にはスニーカーを一足、サンダルを1,2足(スポーティー用とドレス用)で十分。

STEP2 【大量持ちしたくないから】

スーツケースいっぱいに準備しても、結局旅先で着なかったりということもありますね。前もって紙に日数と着る予定のコーディネートを絵にして、必要なものをアイテム数で確認すると便利です。コーディネートの際に、いらないもの、いるものを吟味してなるべく少量でいけるようにしましょう。リバーシブルアイテムも使えます。

STEP3 【それなりにきちんとしたいから】

サンセットの綺麗なレストランでディナー、またはパーティーなどもあると想定して、1つはドレッシーなアイテムを持参しましょう。シンプルな黒ドレスも素敵ですし、日に焼けた肌に似合う派手な色合いでもいいですね。また、靴もあわせておきましょう。

まとめ

その日その日の午前、午後、夜の予定を確認しながらコーディネートすると、忘れ物なく準備できますので、②はとても大切です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

98

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ココラバー

在米。海外に暮らし始めて9年目。ファッション、ショッピング、旅行、エクササイズ、インテリア/雑貨が大好き。