更新日: 2011-06-02 11:17:23

コーンローの編み方

著者: tylermommy

編集者: hi'ilani

閲覧数: 73284

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by divemasterking2000

コーンローは意外と簡単に編めちゃいます!

パーマが伸びてきちゃった部分にも使えます!

かわいいですよ*

STEP1

1、まずは、コーンローの太さを決めて分けておきます。

アフロの場合、コームで分ければそのままキープできますが、日本人の髪はストレートなので、コームで分けたらゴムやクリップで止めておくとやりやすいです。

STEP2

2、分けた髪の一番上の部分を、ほんの少しだけ取って3つにわけます。

編む時に使うのは両手の親指、人差し指、中指だけです。
手の甲を上にした状態でその6本の指で髪をつかみます。
左手の親指と人差し指で分けた髪の1つを持ち、人差し指と中指でもう1つを挟みます。
右手の三本で残り1つの髪を持ちます。
動画を見たらわかりやすいと思います!

STEP3 3、コーンローを作っていきます。

1つずつ、人差し指で横の髪を少しずつすくって編んでいきます。
この時、痛い!と感じる程引っ張って編むとうまくできます。
※下まで編む場合は、襟足まで編んですくう髪がなくなったらみつ編みにします。

STEP4

4、コーンロー、ブレイズ用のゴムで止めてできあがりです。

まとめ

ストレートだと編みずらいので、男性の場合アフロをかけておくと編みやすいです。
女性の場合は、スパイラルだと同様に編みやすいです。
短すぎる髪の毛、ストレートヘアではコーンローがすぐに取れてしまいます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

129

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

コーム(クシ)
コーンロー用ゴム(ない場合は小さい輪ゴムようなもので、切れにくく髪にくっつかないもの)
クリップ