更新日: 2011-06-15 13:28:51

料理の写真をうまくとる方法

著者: 豆柴モモ

編集者: airiiiii

閲覧数: 985

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJTR (´・ω・)

ブログなどに料理の写真を載せている人、多いですね。

でも写真がどうも美味しそうじゃない・・と魅力半減です。

デジカメでも携帯でも写真が上手に見えるコツがあります。

STEP1 まずは場所。

暗いのはダメです。
明るく撮りましょう。

そのため場所はキッチンではなくダイニングなどの明るいテーブルで。
ただし直射日光のあたる場所はうまく撮れません。

ストロボ必須の場所では撮影はうまくいかないので注意してください。

STEP2 そして色合い。

難しい表現かもしれませんが、

暖色系に撮影する。ということが大切です。
寒色系に撮影したものは美味しくなさそうにしかみえません。

赤系、青系とわけると美味しそうなのは「赤系」です。

イメージとしては、蛍光灯の下でとると白っぽく美味しくなさそうに見えますが、電球の下だとオレンジ系の光でおいしそうに見える。感じです。
(最近ではオレンジ系の光を出す蛍光灯やランプがあるので必ずしもそうだというわけではありません)

STEP3

次に明るいところで撮影する時に、なるべく料理に近づいてください。

まわりのあれもこれも入れようと思わず、料理もお皿のはじが切れるくらいのつもりで。

あくまで料理が美味しそうに見えるためなので、まわりのクロスや花瓶、飾りやお皿がメインではありません。

影がうつりこまないように気をつけてください。

STEP4 そしてまっすぐ移さず、斜めから。

四角のお皿なら上から斜めに見えるように。
高さも真上からではなく、斜め上から。
そうすると立体感が出て、素材感がよく表現できます。

STEP5

写メールで撮るときにマクロ撮影ができるものならば、マクロで撮影するくらい近づいて一枚撮影してみてください。

以外なほどいい写真が撮れたりします。

まとめ

デジカメや写メのいいところは失敗しても消せること。
いろんな角度、いろんな距離から思い切って撮影してみてください。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

108

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
豆柴モモ

埼玉在住の「豆柴モモ」です。

・メーカー勤務
・メルマガライター
・行政相談業務
・ミステリーショッパー

などなど経験。「知識は浅く広く...

必要なもの

カメラと美味しい料理。