更新日: 2011-08-16 14:39:28

蓋の裏についてしまうヨーグルトの防止方法

著者: 蜜柑

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 909

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jetalone

ヨーグルトの蓋を開けると、必ず、蓋の裏にヨーグルトがついてしまっていますよね?
この方法を使って、ヨーグルトが蓋の裏につかないようにできます!

STEP1

蓋を開ける前に冷凍庫に30分入れて凍らせる。(大きいヨーグルトの場合は35分ぐらいが目安)

STEP2

30分後、蓋を開けると裏にはヨーグルトがついていなく、幕を張ったような状態に。

STEP3

突付いて混ぜると丁度食べ頃になっている。

まとめ

ヨーグルトの蓋がアルミでカップの方が紙でできている為に凍らずに済む。
熱伝導が速いアルミの部分は凍っている、紙の部分は凍らずに食べ頃の温度になる。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

40

関連タグ:

tarookさんのコメント

2010/09/21 18:43:47

へー

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
蜜柑

冬になったので、パイナップルから蜜柑へ名前を変えました。
甲子園観戦と読書が好き。

必要なもの

ヨーグルト
冷凍庫
スプーン