更新日: 2011-05-10 00:52:43

”むかつく”の語源を知る方法

著者: ココラバー

編集者: ココラバー

閲覧数: 1623

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Jared Wong

”むかつく”という言葉、昔と今では意味が違う!

STEP1 【室町時代 (1336年から1573年)】

今から500年ほど前に、「むかつく」という言葉が使われていました。当時は今の意味とは違い、”はき気をもよおすという、「胃がむかつく」という意味で使われていました。足利義満の時代です。

STEP2 【江戸時代(1603年から1868年)】

江戸時代に入った頃から、今現在の意味”腹が立つ、癇に障る”という意味で使われるようになり、時は徳川家の時代、町人による文化が盛んになったことから、以前の意味から変わったということです。

STEP3 【現在】

国語辞書の検索ではこのように表記されています。

むか‐つ・く

1 吐きけを催す。むかむかする。「車酔いで胸が―・く」
2 腹が立つ。しゃくにさわる。「話を聞いただけで―・く」

まとめ

Rの法則で放送されていた内容です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

94

ココラバーさんのコメント

2011/05/04 23:52:49

kumiko3さん、コメントどうも。普段聞く言葉の意味など、あまり考えないものですから、こういった語源を知るのも面白いですよね。

kumiko3さんのコメント

2011/05/04 07:01:13

なるほど!
昔とは違う意味で使われているんですね。
日本語って面白い!

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ココラバー

在米。海外に暮らし始めて9年目。ファッション、ショッピング、旅行、エクササイズ、インテリア/雑貨が大好き。