更新日: 2011-04-29 23:34:47

少しのコツで鶏もも肉をさらにおいしく調理できる!

著者: leoryu

編集者: leoryu

閲覧数: 354

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by june29

脂肪が多く、コクのある部位のもも肉を、もっとおいしくいただくために、ちょっとコツを加えて調理しましょう。

STEP1 表面に穴をあける

包丁の先や、フォークで刺しておくと、加熱した時、皮が極端に縮むことなく、見栄えよく焼き上がりますよ。

味がしみ込みやすく、また、火の通りもよくなります。

STEP2 厚さをそろえる

厚みのある部分に包丁を寝かせて入れ、観音開きのように切り開きます。
平らにすることで、むらなくきれいに焼けます。

STEP3 表面から焼く

皮つきもも肉をこんがりと焼き上げるコツは、いじらないこと!

フライパンに皮面から入れて、弱めの中火で焼き、九分通り火が通ったら裏返して火を止め、2~3分余熱で焼きます。

まとめ

胸肉に比べて肉質はかためです。

うま味が溶けだす煮物や、コクが味わえるグリル、揚げ物などがおすすめです。

骨なしと、骨付きがあります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

73

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する