更新日: 2011-04-29 20:13:53

放射能の危険と安全の境目って?

著者: mjsoul

編集者: mjsoul

閲覧数: 323

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by mjsoul

「福島原発問題」の収束には「年単位」の時間がかかると発表されました。日々情報が交錯していた中で、一つの時間的な目安ができたわけですが、今の私たちが知りたいのは「今日明日」のこと。また、放射能汚染度の安全と危険の基準はどこにあるかではないでしょうか。

STEP1

「福島原発問題」の収束には「年単位」の時間がかかると発表されました。日々情報が交錯していた中で、一つの時間的な目安ができたわけですが、今の私たちが知りたいのは「今日明日」のこと。また、放射能汚染度の安全と危険の基準はどこにあるかではないでしょうか。

STEP2

私たちを混乱させている要因の一つに「ベクレル」と「シーベルト」という単位の並立があります。どちらも大切な情報だとは思いますが、とりあえず、「シーベルト」が「放射能の危険度を表す単位」であることを覚えておくと、ニュースもわかりやすく見られます。

STEP3

一つの基準として、400シーベルトを一瞬で浴びると、ガンの発生率が一気に増えるというデータがあるそうです。
何千倍、何万倍という言葉を耳にすると、どうしようもない思いにとらわれがちです。危険と安全の境目があいまいで、それが徐々に広がっていく。それが私たちの不安を煽ってもいます。

まとめ

国際間の問題がも絡んでくることはわかりますが、政府は情報公開にもっと積極的に動いてもらいたい。そう強く思います。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

82

関連タグ:

dora-modokiさんのコメント

2011/06/03 09:23:39

こんにちは、初めてのコメントです
ステップ3にある400シーベルトは400ミリシーベルトだと思います
(人は7シーベルト程度の急性被ばくで死に至るので)
ご確認ください

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する