更新日: 2010-09-24 14:32:29

バストアップの方法(基礎編)

著者: yuhki2010

編集者: yuhki2010

閲覧数: 489

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by toooooool

もう少し胸が大きかったら・・・最近、年齢のせいかバストが下がって来た・・・
そういった悩みは程度の差はあれ、女性なら誰しもが抱えていると思います。
今回は、バストアップに有効な方法の基礎編を紹介します。

STEP1 【食べ物編】

まずは食べ物から取り上げて行きましょう。
・乳製品:チーズ、ヨーグルト、牛乳など
・肉類(鶏肉が有効とされています)
・魚介類(マグロが有効とされています)
・卵
・大豆製品(豆乳、豆腐、納豆など)や豆類
・緑茶
・野菜(ニンジン、かぼちゃなど)

この中でも積極的に、乳製品・鶏肉・大豆製品は摂取すると良いと思います。

STEP2 【筋トレ編】

・腕立て伏せ
・拝み体操
・スクワット

それぞれ、簡単に説明して行きます。あくまでも胸の土台となる大胸筋を大きくし鍛えるだけなので、
やりすぎには注意して下さい(やり過ぎると硬い胸になってしまって台無しです)。

1.腕立て伏せ
→回数をこなす必要はありません。
1回を大きくゆっくりと行います。
また、体勢はピッチリ足まで伸ばす必要はありません。
膝を曲げる、四つんばいで行うなど無理のない体勢で行います。
(無理をすると腰を傷めるので要注意)
また、床につく「腕の幅」は胸の奥の方の筋肉を鍛える為に
肩幅より広めに、両手をつくようにして下さい。
腕を曲げたとき(体を床に近づけるとき)、息を止めずに必ず吐きながら行ないましょう。
ゆっくり大きく、胸の筋肉に意識を集中して行います。
慣れないうちは5~10回ぐらいを1セットで充分です。
毎日少しずつ行い、10回を1セットとして出来るようになったら、
朝晩1セットずつ→朝晩2セットずつという具合にして行くとよいと思います。

2.拝み体操
→効果が少しでも上がるように椅子などに座って行います。
椅子に座るときは姿勢正しい状態を意識して下さい。
次に胸の前で両手を胸の中心に合わせて合掌のポーズをします。
そして、そのまま両手を押し合います(間に雑誌や本などを挟んでもOKです)。この時も胸の筋肉に意識を集中して下さい。
必ず両手に力を入れる前に大きく息を吸い、両手で押し合い息を吐きながら5~6秒キープします。
息を吐ききったら思いっきり脱力します。

3.スクワット
肩甲骨をグッと背中で寄せます。イメージとしては天使の羽になるような感じ。
そうすると自然と胸が張りますから、その状態でスクワットをします。
スクワットというとハードなイメージを持たれるかも知れませんがさまざまな方法がありますので、ご安心下さい。
また、この際も姿勢を正しくすることと胸の筋肉に意識を集中して下さい。

なお、スクワットの方法ですが、一般的なものは肩幅ほどに両足を開き、後ろに体重を掛けながらゆっくりと膝を曲げます。
息は止めないで下さいね。
太ももが床と平行ぐらいになったら、またゆっくりと元の体勢に起こします。

まとめ

・最初から無理をしない
・息を止めたまま行わない
・どの筋トレもそうですが、基本は「使っている筋肉に意識を集中する」ことです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

96

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
yuhki2010

こんにちは(ノ▽〃)
今までの闘病経験や一人暮らしで得た知恵、
人から聞いて自分で試してよかったものなど、
みなさんのお役に立てるような内容を投稿し...

必要なもの

特別なものは必要ありません。
無理をしない心のゆとりと、ゆっくり長く継続する気持ちがあれば大丈夫です。

強いて言えば、筋トレ編で挙げた椅子や雑誌・本などは、
あると良いかと思います。