OKWAVE Guide 印刷用:面接やオーディションに落ちてもポジティブに考える方法!|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 6054963 28a85a5c9d m

今は就職難の時代。実力があっても面接に受からないことが多いです。希望の学校に合格できないこともあるでしょう。また芸術やクリエイティブ系を目指す人は、オーディションやコンクールなどに受からないという経験があると思います。でも実力や才能がないことが理由であるとは限らないので、自信をなくして落ち込んだりせずに、ポジティブに考えましょう。

【ステップ1】

受験や面接に受からなくても、何か意味があるのです。学校であれば合格しなかった学校の代わりに行くことになった別の学校が、あなたには合っている学校だったのです。就職やバイトであれば、その仕事はあなたに向いていないものだったのです。

【ステップ2】

自分を落とした会社や学校に対して、「自分を受からせなかったことは、お前らの損失だぞ。後で後悔すればいいさ」と心の中で思います。そして「今に見てろ」という気持ちで頑張り、後で見返してやりましょう。

【ステップ3】

実力よりもレベルの高い学校や会社、またはオーディションやコンテストなどは、常にダメ元で挑戦します。ダメで元々、ぐらいの気持ちでリラックスして挑めば、実力以上の力を発揮できるかも。特にオーディションやコンクールなどは何度も落ちて当たり前。本当に大好きなことで、夢をあきらめなければ、頑張れるはずです。

【ポイント】

受からなくて当たり前、と開き直って、常に自信を持って前向きに進みましょう。落ち続けても、後で振り返って笑える日がきっと来ますよ。