更新日: 2011-04-29 11:21:09

上司と部下の食事後の支払いマナー

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 10884

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by くーさん

上司とランチに行くと、割り勘?おごり?なのかとか、伝票を取っていいのか渡すべきか?など、どうすればいいのでしょう。

STEP1

まず、支払い時には部下のほうが働くのがいいようなので、部下のほうが伝票をとる。そのとき上司に「いいよ、払うから」と言われれば、「ご馳走様です」とお礼を言う。基本的には、割り勘でも上司が払ったように見せるために、支払いは上司にしてもらい、店を出てから代金を上司に渡す。伝票を取っても、上司から声がかからなければ自分が払ってもいいでしょう。店を出ても支払うそぶりが無い場合は、上司の分は請求すればいいです。そして次から、一緒に行くのは止めましょう。

STEP2

割り勘でも、おごりでも店を先に出るのは上司のほうです。上司が支払いをしている場合は後ろで待つ。そのとき割り勘かどうかわからなければ、支払いが出来る様に財布を出してまつ。部下が支払いをした場合でも、出口でドアを開けて上司を先に通す。

STEP3

おごりでも、割り勘でも伝票を上司に渡すのはダメです。「ご馳走様でした」のお礼は、その場では当たり前だけど、次に会ったときにも「昨日はご馳走様でした」と言うのをお忘れなく。礼儀を知っている人だと評価されますし、機嫌が良くなりまたご馳走してくれます。

まとめ

上司との食事だからと言って、おごってくれるとは限りません。常に自分の分は払うつもりでいましょう。そうでないと、上司から見ると印象は良くありません。また、部下との食事だからと言って、おごる必要もありません。ですが、部下がおごりを期待しているといけないので、最初に割り勘を伝えておき、出来れば支払いは、自分の分に少しプラスして部下に渡し、支払わせれば良いのではないでしょうか。

参照 http://okwave.jp/qa/q6700713.html

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

107

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する