更新日: 2011-05-18 20:05:53

大きな揺れが来た時にやってはいけない行動を避けるコツ

著者: ぽたる

編集者: ぽたる

閲覧数: 895

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

余震が続く中、大きな揺れが来た時にうっかりやってしまいそうな行動の中で危険なものをガイドします。

STEP1 ■トイレなど、小さい部屋に逃げ込まない

揺れを感じたら、窓ガラスが飛散した場合のことを考えて、窓から離れた位置ににげます。ただし、窓が無い(少ない)からといってトイレや風呂のような小さい部屋に逃げ込むと、かえって危険。理由はそういう場所には柱がないため。リビングの柱やかもいの下の方が耐震性があります。

STEP2 ■揺れている最中にあわててコンロの火を消さない

揺れている最中にガスコンロに近づくと、調理中の熱い料理で大やけどする危険があるので、揺れが収まってからガスコンロの火を消しましょう。

STEP3 ■揺れている時にこどもの名前を呼ばない

こどもは名前を呼ばれると呼ばれた方へ走ってきてしまいます。揺れている最中に名前を呼ぶと危険な場合がありますので、呼び寄せる必要がない場合は揺れている最中は呼ばないこと。

STEP4 ■ベランダに避難しない

特にマンションの高層部は揺れが大きく、ベランダから下へ投げ出される危険が高いので、急いで部屋に入ります。高層部でなくとも、ベランダは危険なのですぐに室内に入りましょう。

STEP5 ■街中ではあわてて外に飛び出さない

建物の中より外の方が安全と思いこまないようにしましょう。街中では上から降ってくるもの、倒壊するものがたくさんあり、かえって外の方が危険な場合が多いです。もし近くに公園があるようなら、公園に逃げましょう。雑居ビルの近くなどは危険です。

【街中で地震が来た時に危険なもの】
・自動販売機
・看板
・瓦
・塀
・電柱(変圧器)
・エアコンの室外機
・ビルの窓

思わず電柱にしがみついてしまいそうですが、電柱の上部に取り付けられている変圧器が落ちてきたら大変危険ですので近づかないようにしましょう。また、電線が切れて垂れ下がっていた場合、感電しますので近づいてはいけません。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

111

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ぽたる

「ぽたる」はたまたま登録時に
息子がほたるのことをぽたると
言っていたのでつけました。

みなさまどうぞよろしく
おねがいいたします!