更新日: 2011-04-29 02:54:38

手軽にアロマテラピーを楽しむ方法

著者: すぺあみんと

編集者: すぺあみんと

閲覧数: 332

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jetalone

アロマテラピーは香りを楽しむだけ
ではなく、風邪やインフルエンザの予防
や、真菌が原因で起こる症状を緩和させ
ることができます。
オイルウォーマーやディフューザーが
なくても、手軽にアロマテラピーができます。
香りを楽しむだけならばお好きなオイルを、
その他の効用を期待する場合はステップ5
をご参照ください。

STEP1 Ⅰマグカップを使用

マグカップに40~50度ほどのお湯を
注ぎ、エッセンシャルオイルを
1~2滴入れます。
なるべく鼻に近いところにマグカップを
置きましょう。

STEP2 Ⅱコットンやティッシュにたらす

冬におすすめ。感染症を防ぐ作用を
持つエッセンシャルオイルを使用します。

また外出先で気分転換したい時にも。

STEP3 Ⅲフットバス

バケツに足首がつかるくらいにお湯を張り、
エッセンシャルオイルを2~3滴たらします。
10分ほど足浴します。
水虫などに効果的。
また足がむくんでいる時にも。

※冷え性の方は足浴後、靴下を履くなどして
冷えないようにしてください。

STEP4 Ⅳお風呂に

お好みのエッセンシャルオイルを3~5滴入れます。

STEP5 ■各エッセンシャルオイルの効用

・ラベンダー
不安やイライラを静める、水虫などへの抗真菌作用、
かゆみをしずめる

・ティートリー
殺菌力抜群。風邪やインフルエンザの予防
に効果大。
免疫力を高める効果もあります。

・ゼラニウム
皮脂のバランスを整える。
ホルモンバランスを整える作用もあるため、
PMSや更年期障害の緩和に。

・レモン
血行を促進し、新陳代謝を活発にします。
殺菌作用にもすぐれているため、感染症
の予防にも。
香りには頭をはっきりさせる作用があります。

※レモンには日光感作性(日に当たると
シミになる)があるため、肌に触れた場合は
4~5時間太陽にあたらないようにしてください。

・ユーカリ・ラジアタ
殺菌・抗ウイルス作用にすぐれています。
粘膜の炎症をやわらげたい時など。

まとめ

オイルを使用していて刺激を感じた
場合は、使用を中止してください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すぺあみんと

そそっかしいのが玉にキズだらけです。
よろしくお願いします。