更新日: 2011-06-17 12:58:29

ビタミンCを効率よく摂取する方法

著者: mamedon

編集者: mamedon

閲覧数: 1300

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by vaboo.com

 紫外線が強くなり、日焼けが気になる季節。肌の状態を良くするビタミンCは欠かせません。

STEP1 【ビタミンCの摂り方】

ビタミンCはたくさん摂取しても、必要量だけ体内に吸収されるとそれ以外は排泄されるので、摂りすぎに注意することもなさそうです。逆に不足しないよう普段の食事で効率よく摂取するようにしましょう。

 ビタミンCは、空腹時よりも食後の満腹時に摂ると吸収力が持続されます。満腹時は空腹時の1.6倍も吸収がよいそうです。

STEP2 【ビタミンCを含む野菜や果物】

多くの野菜や果物に含まれています。ほうれん草やブロッコリーは夏より冬の方がビタミンCが多いので、こちらは寒い時期の風邪対策に効果がありそうです。ピーマン類にも多く、緑よりも赤や黄色の方に多く含まれています。果物では特にアセロラに多いです。

 食べ合わせとしては、ビタミンP、カルシウム、マグネシウム(ナッツ類に多い)と一緒に食べるとよいです。
 ビタミンPは、ミカンやレモンなどの柑橘類の特に皮の部分に多く含まれているので、ミカンは房の薄皮ごと食べた方が効果的です。
 また、たんぱく質と一緒に食べるとコラーゲンの生成が活発になり、ビタミンEと取ることで抗酸化作用が高まります。

 ビタミンCは水溶性なので、調理は煮るよりも炒めて。煮た場合は煮汁に溶け込んでいるので、煮汁と一緒に食べられる料理を。熱に弱いですが、ジャガイモやサツマイモのビタミンCは加熱に強いそうです。

STEP3 【注意したいこと】

「アスコルビナーゼ」という酵素はビタミンCを破壊します。きゅうり、ニンジン、かぼちゃ、バナナ、りんごなどに含まれます。お酢をかけたり加熱すると防げるので、生野菜で食べるならお酢の利いたドレッシングなどと一緒に食べる方がよいです。

まとめ

 肌の状態が悪くなってから急にたくさん食べるより、常日頃から積極的に取るように心掛けたいものです。

 ビタミンについて参考になります。
http://vitamine.jp/bita/bitac02.html

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

85

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する