更新日: 2011-04-28 12:27:48

老人ホームの選び方6つのポイント 家族も一緒に考えましょう

著者: evergreen712

編集者: evergreen712

閲覧数: 384

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by jeffchenbiao

自宅で暮らすのが難しくなった・・・。
そんな場合の方法として有料老人ホームというものが
あります。
でも、快適に過ごすためには、様々な問題をクリアする
必要があります。6つのポイントを紹介します。

STEP1 【本人や家族の心の準備をしましょう】

自宅で過ごしていたのが難しくなる、一緒に暮らしていたいけど
これ以上はどうしても無理、など気持ちとは別に、現実問題として
次の住まいを選ばざるをえない場合もあります。

お別れでなく、より良い環境に行くということ、
新しい人生を過ごすということを念頭に、前向きに
探すことのできるよう気持ちを切り替えましょう。

STEP2 【どんなニーズがあるか整理しましょう】

新しい住まいには、どのような点でこだわるのか
自分や家族の希望をリストアップしましょう。

自宅から近いところに移りたい、
とにかく手厚いサービスを受けたい、
いつ頃までに移りたいか、
居室の間どり、整備はどれくらいのものがいいか、
性格的に向いているのはどんな住まいか、

など、とにかく思いつくものを書いてみましょう。

それから次第に、不要なものを絞り込んできます。

STEP3 【資料請求、比較検討をしましょう】

ここは、と思うところがあればまず、見学前に資料を
請求してみましょう。実際に見学するのがいちばんですが、
あまりにも多く数がある場合、なかなか難しくなります。
ある程度、あたりをつけておいて、資料を見てみましょう。

STEP4 【資金面を検討しましょう】

入所するためには、一時金以外に、食費や施設費など
案外費用がかかります。

まずはどれくらい用意できるか、自分のライフスタイルを
振り返って資金について検討しましょう。

STEP5 【見学、体験会に行ってみましょう】

ステップ3、4で候補をいくつか絞ったら、見学や体験に
行きましょう。紙の上だけでは見えない色々な点がチェック
できます。

施設全体、居室、食事、職員など、色々なポイントを
見比べてみましょう。

比較するためにも、自分でリストを作り項目ごとに作っておくと
帰宅した後でも比較しやすくなります。
なお、1日だけでなく、何回か見学に行くと雰囲気も分かります。
宿泊することのできる場合も、できれば数日お願いしましょう。

STEP6 【最終決定しましょう】

様々なステップをこなしたら、最終的に決定します。
その前には、できる限り決めている施設に質問をしましょう。

入ってみて、分からなかったこと、不安に思ったことなどが
噴出しても大変ですので、まずは納得いくように検討しましょう。
最終的には金銭面でも、再度確認を行いましょう。

まとめ

一生お世話になる場所として考えて検討した結果選んでも、
残念ながら、途中で移ってしまうということもあり得ます。

家族も本人も、納得できるように考えながらじっくりと
検討して決定しましょう。
なお、人気のあるホームの場合、入居までの時間がかなりかかります。
もしも、決めているところがあるなら、仮予約ができるかどうか
尋ねておくのも方法です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

80

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

資料請求
相談
見学
など