更新日: 2011-04-28 11:26:03

猫に好かれるには?猫に好かれる飼い主になろう

著者: deppjdepp

編集者: 794heiankyou

閲覧数: 640

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by deppjdepp

猫と一緒に暮らすなら、やっぱり猫に好かれる飼い主になりたいですよね。私はずっと一緒に暮らしていても、まだまだもっと愛猫に好かれたいと思うのです。猫に好かれる飼い主になるには、どうすれば良いか。私なりに考えてみました。

STEP1

猫は一緒に暮らし始めた人間のことを常に観察していますその日の気分で理由もなく痛い目にあわせたり、無視をしたりする人間に対しては、防衛本能が働き、とても神経質な猫になってしまいます。もちろん好きにはなってくれませんね。落ち着いた気持ちでやさしく猫と接することで猫との信頼関係も作られ、人間大好きな猫になります。飼い主に何か嫌なことがあった日などは、逆に猫が癒してくれることになります。

STEP2

「魔法の手」を手に入れましょう!もともと猫は自分の体に触れられるのを好む動物ではありませんが、猫が自分でやる毛づくろいは大好き!ならば、「魔法の手」を手に入れて、仔猫のうちからコミュニケーションをとり、抱っこ、なでる、ブラッシングなどの習慣をつけましょう。抱っこは、猫が安心するように安定感のある抱き方でリラックスさせてあげましょう。なでるときは、「気持ちいいねぇ、魔法の手だよ~」といいながら!(必須です)指先で毛ばかりに触れているだけでは静電気が起きてしまいますので、逆効果です。手のひら、指の腹まで使い、猫の毛に跡が残るくらいの力でなであげましょう。猫の様子を見ながら気持ちがよければよいという顔をしてくれますし自分から「もっともっと」と押し付けてきますので、一目瞭然です。逆に、いじられたくないのがシッポです。シッポをさわってしまい、怒られたり噛まれたりしたことは皆さんもうすでに経験済みなのではないでしょうか。また、猫にもツボがあるので、時にはツボを刺激してあげましょう。これができれば上級者ですね。

STEP3

ブラッシングは過保護ではありません!ブラッシングは、猫にあったブラシやクシを使います。どうしても上手にできないとか、どうしても猫が嫌がる場合はペットの美容院へ行き、そのテクニックを観察してくるとよいと思います。トリマーさんに積極的に質問してそのノウハウを学んでくるのもおすすめですブラシやクシなども同じものを使うだけでも違いがあるかもしれません。トライしてみては…?ブラッシングには、コミュニケーションだけではなくノミ取りの効果(ノミの発見ともなる)、毛のツヤを保つ、皮膚の血行を良くして内臓の働きを活発化させる効果などがありますので、ぜひ習慣とされることをおすすめします。長毛種の場合は毛玉になってしまうと皮膚病などの心配もでてきますので毎日ブラッシングしましょう。短毛種でも週1回ぐらいはしてあげましょう。(抜け毛の時期はもう少しこまめに)

STEP4

猫に受けがいいのは女性?猫は男好きか、女好きか?もちろん一概にはいえませんが、男性よりも女性のほうに軍配があがるようです女性の声のほうが猫には聞きやすいことが大きな原因のようです。高性能な猫の耳には、女性の声の周波数のほうが心地いいらしいのです。また、突然の動きであったり、大きな音が猫は苦手なようで、女性のほうが動作もゆったりしていて、大きな音も出さないことも原因のひとつのようです。
猫が好きなのは甘えられる人猫は家につくなどと言われますが、縄張り意識が強いためにそのように言われるのであって本当のところは、慣れ親しんだ場所以上に、慣れ親しんだ甘えさせてくれる飼い主の存在のほうが大きいのではないでしょうか。もともとの猫はひとりで狩りをして生きていく動物ですが、飼い猫は人間と家族となって狩りをせず、母猫のかわりに人間の母親にご飯を貰って生きています。人間からご飯を貰うということは、大人になった猫でもそのときばかりは仔猫時代の母猫との関係を保っているわけですから、完全に野生時代の単独生活とは異なるものです。野生時代の猫の仕事は狩り今の家猫の仕事は「甘えて可愛がられること」ではないでしょうか。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

94

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する