更新日: 2011-04-28 11:15:21

アメリカンショートヘアの飼い方ガイド

著者: sundayjump

編集者: 794heiankyou

閲覧数: 1068

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by sundayjump

アメリカン・ショートヘア出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』アメリカン・ショートヘア原産国ヨーロッパから北米に伝来猫種標準CFA標準TICA標準AACE標準ACFA標準CCA標準アメリカン・ショートヘア(AmericanShorthair)は猫の品種。アメリカでは最も一般的な種類である。運動能力の高い、大きな脚を持つ中型の猫である。髭口の部分はほぼ四角い形をしており、寒さ、湿気、および表皮負傷からそれらを保護するために硬い毛皮を持つ。毛皮は冬に厚く、春に薄くなる。いずれも同系のブリティッシュショートヘア種より体重が軽いのが特徴。非常に慈愛深く長生き。社交的な性格で、同居人(犬も含む)と仲良く暮らす事が可能。また、狩りが得意だが、明るく優しい気質で、小さい子供の遊び相手にもなれる。その飼いやすさから日本でも1990年代後半頃より流行し始め、現在ではごく一般的な猫の品種として定着。「アメショー」などと略されることも多い。容易に太り過ぎる傾向があるため、健康管理に注意を払う必要がある。種類として完全に成長するには3-4歳まで必要と考えられている。オスはメスよりも大きく、メスのあごはしっかりしている。身体的特徴日本ではシルバークラシックタビーのイメージが強いが、それだけではなく80以上の色があり黒、白、銀、クリーム色、赤、茶色、青、縞模様など)のバリエーション、キャリコはほぼ100%メスとされている。目、手足の肉球、および鼻の色はその色によく合っている。また尻尾は先細りになっており、毛の手入れはさほど必要なく、毛が生え変わる季節に定期的なブラッシングをするだけで、問題なく毛玉の形成を防ぐ事ができる。歴史10世紀ローマ人がヨーロピアンショートヘアをイギリスに持ち込みブリティッシュショートヘアへ名称変更、メイフラワー号によりアメリカ上陸後はドメスティックショートヘアへ名称変更後現在の名称となった。

STEP1

アメリカンショートヘアはその愛くるしさ、頑丈さ、飼いやすさ、人懐っこさから、もう何年も人気猫種の上位に君臨する猫です。とても賢い猫ですので、家猫としてとっても飼いやすく、人間にもすぐに懐くので小さな子供のいるご家庭でも安心して飼えます。

STEP2

アメリカンショートヘアの特徴URL:http://yaplog.jp/ameshokaikata/archive/1ここでは簡単にアメリカンショートヘアの特徴について紹介していきたいと思います。アメリカンショートヘアはその名の通り、本来はアメリカが原産の猫です。アメリカでは非常に一般的な猫となっています。日本に入ってきたのは1970年代後半頃と言われており、1980年代後半から1990年代前半にかけて人気に火がつき、現在までその人気は衰えることなく続いています。大きさとしては猫の中では中型に入ります。同じくらいの猫に比べて脚が太く、大きいのが特徴です。それ故運動能力が非常に高く、俊敏に動くことが出来ます。毛皮が他の猫に比べて非常に硬く出来ているため、寒さや湿気、外的な衝撃からも体を守っています。その為、アメリカンショートヘアは非常に丈夫な猫、と言われています。毛皮っは冬に厚くなり、春に薄くなり、自分で体温調節が可能です。性格的には非常に人懐っこく、明るく、優しい気質を持っています。慈愛深い一面も持っているため、自分より後に家に生まれた小さな赤ん坊に対してでも攻撃性を見せることはめったになく、むしろ甲斐甲斐しく世話をしたり子守りをしたりする姿を見ることが出来ます。うちのアメショも飼いはじめてから下の子が生まれたんですが、私が家事などをしていてベビーベッドから目を離している間は、見張るようにしてベビーベッドの下にすっとお座りしてくれていました。赤ちゃんが泣き始めると私を呼びに来てくれる、とっても賢く、出来た猫です。子供が2歳、3歳と大きくなっても、子供の遊びに付き合うなど、非常に面倒見がいい猫です。こういった性質はうちのアメショに限らず、割と一般的にみらるようです。しかしその運動能力の高さから、食事量が多くなってしまうことがあり、求めに応じてあげすぎるとすぐに太ってしまうので注意が必要です

STEP3

アメリカンショートヘアを里親から買うか販売店から買うかURL:http://yaplog.jp/ameshokaikata/archive/2アメリカンショートヘアを里親、つまりブリーダーから買うか、販売店、つまりペットショップから買うか、は、非常に難しい問題です。ちなみにうちのアメショは事前にアメショの飼い主さんが集まるネット上のコミュニティーで教えてもらった、信頼出来るブリーダーさんから買いました。ブリーダーさんは当然猫なり犬なりが好きでやっている、と一般的には思われていますが、現実的にはそうでもないブリーダーも存在することは残念ながらここで告げなくてはなりません。つまり「お金になるから」という単純な理由でブリーダーをやっている人がいるのも現実としてあります。特にアメリカンショートヘアのように、丈夫な猫の場合は生まれてからある程度の大きさになるまででも特別手がかからなく、非常に飼育しやすく、その割には高値で取引されるので、悪徳ブリーダーが多い、という話しもよく聞きます。そういったブリーダーは近親交配も平気で行います。人間と同じで、近親交配は先天的な疾患を抱えて生まれてくる事が多いです。それを隠して販売するブリーダーもいると聞きます。もちろん本当にアメリカンショートヘアーを愛してブリーディングしている方も大勢いらっしゃいます。だからこそ悪徳ブローカーではなく、そういう良心的なブリーダーを見つける努力をして欲しいと思います。ペットショップは結局そういったブリーダーから猫を仕入れて販売するわけですが、値段的にはブリーダーで買うより必ずしも高くなる、という訳ではありません。つまりブリーダーから直で買うからといって安く買える、とは限らない、ということですね。問題は、ペットショップで買うとブリーダーの顔が見えない、というところです。つまり出所がわからないんですよね。そういう意味では私は良心的なブリーダーを探すなり紹介するなりしてもらって、そこから買うことをお勧めします

STEP4

アメリカンショートヘアーの寿命URL:http://yaplog.jp/ameshokaikata/archive/3猫は必ず飼い主より早く死にます。もちろん飼い主がご高齢とか、不慮の事故で、などの例は除きますので、基本的には、ということです。猫は人間の5倍から7倍くらいのスピードでその一生を駆け抜けていきます。つまり2歳になれば10歳、3歳になれば15歳、10歳になれば50歳、といった感じです。そしてずばりアメリカンショートヘアの寿命は12年~13年程度と言われています。人間で言えば70歳から80歳くらいの年齢で生涯を閉じる、ということになりますね。アメリカンショートヘアーに限らず、生き物を買う場合は絶対に寿命を考慮した上で飼う必要があります。つまり寿命と自分の年齢、ライフプランを突き合わせて「本当に生涯面倒が見れるのか」ということを十分に考える必要があります。例えば一戸建てなりマンションなりを購入し、そこにずっと住む、ということであれば動物を飼っても問題ないでしょう。しかし転勤を繰り返すような職種で、居住地を転々とするようであれば動物を飼うのは避けたほうがいいかもしれません。動物によっては環境の変化に非常に敏感で、住む場所が変わってしまうだけで非常に大きなストレスを感じ、寿命が縮まってしまうこともあるからです

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

32

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する