更新日: 2011-04-28 14:12:52

ピアスのトラブルに効く「ホットソーク」のやり方

著者: スカラベ

編集者: スカラベ

閲覧数: 43346

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by スカラベ

ピアスの穴が化膿しちゃった… 赤く腫れていて痛い…
そんなときは「ホットソーク」!!

ホットソークとは、天然塩を溶かしたお湯に患部を浸けることで、代謝を良くし、新しい細胞が出来るのを助ける療法です。


(Illustration by Natsuki Kumagai)

STEP1 液を作る

容器に40℃前後のお湯を入れ、天然塩を「涙と同じぐらいのしょっぱさ」に溶かします。
200mlのお湯に対し、ティースプーン1/4程度を目安にしてください。

STEP2 患部を浸す

Photo by スカラベ

塩が溶けたら、患部を浸します。
ヘソピアス等、浸すのが難しい部位は、コットンを浸し、それを患部に乗せましょう。

STEP3 洗い流す

3~10分ほどしたら、シャワーで患部をよく洗い流します。

何日か続けると、症状が改善するはずです。
※1週間続けても良くならない場合は、皮膚科に行くことをお勧めします。

まとめ

ピアスホールの消毒はお勧めしません。
マキロン等の消毒液は、皮膚には強すぎて、荒れてしまうこともあります。

普段のケアは、洗顔フォームをよく泡立ててピアスホールにつけ、シャワーで洗い流すだけでOK。
できればピアスをつけたままで、さらにピアス自体を前後に動かすと、なお良いです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

171

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

・天然塩(伯方の塩など、スーパーで売っているものでOK)
・40℃前後のお湯
・コーヒーカップ等の容器
・タオル
・コットン(浸しにくい部位の場合)