更新日: 2010-09-20 09:08:03

冬春の観光名所こぼれ話 その九 原鶴温泉

著者: 冬春

編集者: 冬春

閲覧数: 472

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 冬春

 筑後川の中流にある原鶴温泉。
 この温泉街は福岡県で随一の温泉街だったりするのだが、その由来は中々面白かったりする。
 そんな由来と発見の物語をご紹介しよう。 

STEP1

 原鶴温泉は九州一の大河、筑後川の中流の右岸に沿って温泉街が展開する福岡県内一の温泉郷である。
 開湯伝説は、鶴が河原で湯浴みをしているところを発見したので『原鶴温泉』という名前になったとする説と、雪が降った日に雪が積もらない場所があったことから温泉を発見したという説がある。

 豊かな湧出量を誇る原鶴の湯は無味無臭で透明感があり、源泉温度40~60℃で少しぬるぬる感もあり、肌がなめらかになるので「美人の湯」ともいわれている。
また、泉質は、単純温泉、硫黄泉で神経痛や皮膚病、美肌、外傷に効能がある。

 湯宿の窓からは大きくうねる筑後川の流れ、広々とした田園地帯、南には耳納山地の連山が見え、この土地は桃や柿、葡萄やハーブ等の栽培が盛んで、筑後川の川魚料理で夏の風物詩「う飼い」を楽しむ事もでき、ほとんどのホテルや旅館では立ち寄り湯もOKとなっている。

まとめ

原鶴温泉  

 場所   福岡県朝倉郡杷木町原鶴
 交通   大分自動車道朝倉IC~国道386号線を10分
 駐車場  あり
 トイレ  あり
 貸タオル あり
 泉質   単純硫黄泉
 効能   リウマチや神経
 料金   各旅館により異なる。原鶴温泉には「湯めぐり帳」というチケットがあります(7枚 1500円)
 営業時間   
 電話   原鶴温泉旅館組合  代) 0946-62-0620
      HP        http://www.harazuru.jp/dayuse.html

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
冬春

福岡県に住む物書きのはしくれ