更新日: 2011-04-28 00:16:03

領収書は保管しておきましょう

著者: untikuking

編集者: untikuking

閲覧数: 435

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by untikuking

産んでも産んでからもかかるのは、お金、沢山の費用です。そんな費用を、少しでも捻出するための方法です。ちょっとしたことでも戻ってくる額は大きいので、オススメです。

STEP1

普段からの習慣にしておきたいのが、ドラックストアで買った医薬品のレシートや、病院や調剤薬局で支払った料金の領収書を、家族分、一つの場所に保管するくせを付ける事です。

STEP2

年末に会社で貰った年末調整も、領収書と一緒にしておきましょう

STEP3

2月から、確定申告が始まります。1家族で10万円。もしくは、収入の5パーセントの医療費がかかっていれば、確定申告により、いくらか税金が還付されます。1年間で溜めておいた領収書を整理しましょう。

STEP4

医療費を計算し、各医療機関や日付、診療項目、診療を受けた人毎に分け、確定申告の医療費控除枠に記入しましょう。今はインターネットもあるので便利ですね。

STEP5

記入が終わったら、郵送または直接税務署に行きましょう。

まとめ

領収書は返ってこないので、必要な時はコピーを取っておいてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

42

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する