更新日: 2011-04-27 22:35:07

年々増えている高齢出産

著者: untikuking

編集者: untikuking

閲覧数: 1607

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by untikuking

年々高齢出産が増えて、ひとむかしは30歳はもう高齢出産で、母子手帳に丸のなかに「高」の字が入った赤いスタンプを押されたものでした。別に差別の意味でなく、医師や看護師さんが気をつけるためです。

STEP1

今は医療が進んでいるとはいうものの、医学的にはあまりに年を取ってからでない方がいいでしょう。母体への負担ということもありますが、親(父親も含めて)が若くて元気盛んなときの方が子供への影響もいいようです。母体への負担を考えても若い方がいいでしょう。

STEP2

古い話で恐縮ですが、一流プロ野球選手が生まれたときの親の年齢というのが週刊誌で特集されていました。驚くことに一流選手の親の多くが20歳そこそこと言う年齢でした。やはり親が若くて元気なうちのほうが優秀な子が育つようです。

STEP3

若いに越したことはないのですが、こればかりは縁で仕方がないものがありますが、二人だけのときを少し楽しみたいと思っている夫婦には、楽しむのは後でも楽しめるけれど、生まれてくる子供のためには早い方がいいようです。

STEP4

妊娠して定期健診を受けない人はめったにいないでしょうが、2,3年前に産院をたらい回しにされて、タクシーのなかで救急車の中で出産というのがあり問題になりましたが、実際のところはあの妊婦さんの行動にあきれるばかりです。あの妊婦さんは病院で検診を受けていませんでしたから、産院で断りたいのも当然です。

STEP5

出産は何が起こるかわからない危険があります。元気な体であってもトラブルで妊婦さんが亡くなってしまうこともあり、それまで元気だっただけに遺族は訴訟を起しますから、今まで診察していなかった人をいきなり出産させるのはリスクが大きすぎます。その妊婦さんも断られるのがわかっているので、救急車を利用しています。特殊なケースですが、決してこのような事をしないようにしましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

34

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する