更新日: 2011-04-27 22:21:25

35歳以上の高齢出産になる前に

著者: untikuking

編集者: untikuking

閲覧数: 709

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by untikuking

妊娠は簡単にできると思っているが多いでしょう。でも、20歳と35歳とでは妊娠できる確率が全く違います。35歳を過ぎてからの自然妊娠は簡単ではありません。20歳を過ぎたら、子宮内検診を受けることをお薦めします。

STEP1

妊娠して、出産することは正に奇跡です。できちゃった結婚という言葉がありますが、妊娠を待ち望んでいる女性はとても多いです。

STEP2

女性が仕事をするようになり、晩婚化が進むにつれ、女性の不妊問題も多くなっているように感じます。35歳以上になると高齢出産と呼ばれるように、出産も危険を伴うことがありますが、妊娠するまでも容易ではありません。

STEP3

妊娠できずに不妊専門の病院に通い、体外受精をすることになったり、妊娠できても流産してしまう割合も、女性が年齢を重ねるごとに高くなってしまいます。

STEP4

では、どうすればいいのか。早く結婚して子供を産むのが一番でしょうが、仕事が面白くて結婚が遠のいてしまったり、王子様がなかなか現れないということもあるでしょう。お薦めはやはり、定期的に健診を受けることです。そうすることで腫瘍がみつかったり、生理不順が改善されたりもします。

まとめ

まずは自分の体と向き合い、妊娠しやすい体作りをして、無事出産まで辿りつけるようしておくといいでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

57

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する