更新日: 2011-04-28 13:06:21

就業が困難なら個人で起業を

著者: tenpointer

編集者: 794heiankyou

閲覧数: 192

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tenpointer

失業や就業困難など、ニートなどと呼ばれる人たちも増えてきています。そこで、何らかの理由で仕事につくことができなければ、自分で起業してしまうということを書いてあります。

STEP1

派遣切りや失業、就業困難など、仕事がない、仕事に就けないというような方もけっこう多いのではないかと思います。そこで人に雇ってもらって給料をもらうというよりは、個人事業主になるなど起業してはどうか?ということを考えてみました。

STEP2

ニートを増やすよりは、事業者を増やして税金もしっかりと払ってもらったほうが社会も潤うのではないかと思います。最近ではネットショップなどを簡単に作ることもできます。たとえば仕事はあまりしたくない、できないような理由があっても、趣味でやっていることがある、それをネットを通じて販売してみたいとなると、個人事業者になることができます。

STEP3

ニートや失業者が社長になるのは、経営が続くかどうかは別問題ですが、それほど難しいことではありません。個人起業関連や、ネット起業関連の書籍を何冊か読むとノウハウがわかると思います。興味のある方はお調べになってみてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

22

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する