更新日: 2011-04-27 15:58:44

「図解雑学身近な哲学」

著者: onsendaisukisan

編集者: onsendaisukisan

閲覧数: 324

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by onsendaisukisan

私ははこの図解雑学シリーズがお気に入りだったりします。見開き1ページで読みやすくまた広くて浅い知識の習得にはお勧めなんです。

STEP1

本当に簡単に一言でまとめてくれていてその中で興味のあるコトや気になることを探っていきます。今回は身近な哲学私自身は哲学は大学で心理学を学んでいた時に少し齧ったくらいだから知らないことも結構あって興味深かった

STEP2

デカルトとかソクラテスプラトンだとかそういう歴史みたいに彼らが何を言ったとかなんていう書物を書いたとかいうことには興味はないんです。だけど概念は面白い特に時間の概念には興味深深の僕でした。

STEP3

あと世界のルーツも考えると実は何も分からないあるべき世界が当然だと思っているけど実はそうじゃないんですよね。「無からは何も生まれない」っていうのも確かに納得なんだけどそうすると世界がどうして出来たか説明ができないこれぞパラドックス。
あと当たり前のことなんだけど自分は自分を見ることはできない。写真や鏡を通してようやく自分の虚像を見ることができるんです。私の周囲の人は当たり前に私を見ていて私も周囲の人を見るなんて簡単なことだけど私だけが私を見れないなんか不思議ですよね。

まとめ

今回もっとも心惹かれたのは「ラプラスの悪魔」コレに関してはこの本だけでは全然物足りないのでちょっと調べてみようかななんて思っています。
図解雑学身近な哲学
http://p.tl/-9Lu

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

50

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する