更新日: 2011-04-27 15:19:31

お水にこだわっておいしいコーヒーを入れる方法

著者: あさの

編集者: あさの

閲覧数: 344

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by misawakatsutoshi

水もコーヒーの味を変える一つの要因。どんな水が適切か知って、よりおいしいコーヒーを入れて楽しみましょう。

STEP1 水の硬度

水は、溶け込んでいるミネラルの量から、『軟水』と『硬水』に分けられます。
※ミネラルとは、カルシウムやマグネシウムなどです。
どちらがおいしいというのではなく、好みになります。

STEP2 軟水

〈特徴〉
そのまま飲むとサラリとした感じ。ミネラル分が少ないため、コーヒーに与える影響は少ない。

〈コーヒーの味〉
マイルドで酸味の強い味わい。コーヒーそのものの味わいになる。

STEP3 硬水

〈特徴〉
そのままだと噛めるような感じ。ミネラル分がコーヒーと反応しやすいミネラルが多く含まれている。

〈コーヒーの味〉
マグネシウムの多い水の場合、苦味が強くなる

STEP4 水道水を使うコツ

〈カルキ臭を軽減させる〉
一度沸騰させることによって軽減できます。また、活性炭の入った浄水器の利用もよいでしょう。

〈朝の水〉
朝いちばんに蛇口から出る水は避けましょう。

〈瞬間湯沸かし器の湯は使わない〉
コーヒーを入れるときはある程度二酸化炭素が含まれている方がおいしいので、長時間沸騰させたお湯や、何度も沸かしたお湯は避けましょう。

〈鉄分はNG〉
水道管が古いときなど、水に鉄分が含まれてしまう場合があります。鉄分はコーヒーの味や色を変えてしまうので注意が必要です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

83

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
あさの

あさのです☆

皆さんのお役に立てたら嬉しいです☆☆

よろしくお願いします。