更新日: 2011-04-27 14:55:31

焙煎って何?焙煎度の違いを知ってコーヒーマニアになる方法

著者: あさの

編集者: あさの

閲覧数: 620

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Sig.

コーヒーは収穫してそのままの豆では飲めません。生豆は火で炒って焙煎することで私たちが見るコーヒー豆となるのです。この焙煎の具合によって味わいが変わってきます。コーヒー豆を選ぶときの参考にしてみてはどうでしょう。

STEP1 焙煎の度合い

焙煎の度合いは、8段階に分かれています。
一般的に浅くいったものほど『酸味』が強くなります。深く炒るほど『苦味』が強くなります。

STEP2 浅炒り

①ライトロースト
②シナモンロースト

ごく浅く炒ってるありますので、生豆に近い状態であまり飲める状態ではありません。

STEP3 中炒り

①ミディアムロースト
アメリカン・タイプのローストです。
②ハイロースト
喫茶店や家庭でレギュラーコーヒーの段階です。

薄いコーヒーを好まれる方はこの段階の炒り豆が良いでしょう。

STEP4 深炒り

①シティロースト
標準的な炒りです。
こちらも喫茶店や家庭でよく飲まれている深さ。
②フルシティロースト
アイスコーヒー用の豆はこの段階です。
「炭焼きコーヒー」もこの段階が多く、ホテル・レストランの食後に出されるコーヒであったりします。
③フレンチロースト
強い苦みと独特の香を楽しめます。
コーヒー本来の味が出て一番コーヒーの味を楽しめます。
カフェオレやウィンナーコーヒーなどヨーロピアンタイプで楽しむときにも最適です。
④イタリアンロースト
強い苦みと濃厚な味わいがあります。
エスプレッソ、カプチーノはこの炒り方です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

58

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
あさの

あさのです☆

皆さんのお役に立てたら嬉しいです☆☆

よろしくお願いします。