更新日: 2011-04-27 11:23:16

蛍光灯の寿命について

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 489

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by vaboo.com

電球の場合は、点灯しなくなったら寿命と言うのはわかりますが、蛍光灯の寿命はどう判断するべきでしょうか。

STEP1

メーカーによって違いますので、キッチリと決めることは無理のようです。ですが、一日に12時間くらいの使用でしたら、2年~3年が交換の目安のようです。

STEP2

蛍光灯のメーカーによると、当初の明るさの7割程度になったときが交換時期となっています。ですが、だいたいの人は点灯に時間がかかりだしたり、ちらつきが起こりだしたり、橋のほうが黒ずんできたりするまで使っていると思います。この状態のころは、メーカー指定の交換時期を大幅にオーバーしているようで、交換した頃に比べると相当暗くなっているようです。

STEP3

点灯時間だけ見ると、6000~15000時間が目安のようですが、点灯、消灯を行うことで寿命が短くなり、一回の点灯で20分くらい縮むようです。カッチリした交換時期は、蛍光灯の型式と使用状況を把握したうえでメーカーサイトなどで調べたほうがいいようです。

まとめ

購入時に少々高くても、少しでも長持ちし消費電力の少ないものを、選びたいものです。

参照 http://okwave.jp/qa/q6695591.html

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

84

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する