更新日: 2011-06-13 14:34:58

抽出法別、コーヒーの最適な挽き方

著者: hana-haha

編集者: hi'ilani

閲覧数: 328

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hm7hm7

コーヒーは抽出する器具により、最適な挽き方も異なってきます。

STEP1 【極細挽き(ごくほそびき)】


挽いたコーヒーの粒が、白糖くらい細かいもの。
エスプレッソマシーンやイブリック(トルコ式コーヒーを入れる器具)を使用する時に。

STEP2 【細挽き(ほそびき)】

挽いたコーヒーの粒が、白糖とグラニュー糖の中間程度のもの。
ウォータードリップ(水出しコーヒー)などに。

STEP3 【中細挽き(ちゅうぼそびき)】

挽いたコーヒーの粒が、グラニュー糖くらいのもの。
ペーパードリップや家庭用コーヒーメーカーに。

STEP4 【中挽き(ちゅうびき)】

挽いたコーヒーの粒が、グラニュー糖とザラメの中間程度のもの。
サイフォンや布ドリップに。

STEP5 【粗挽き(あらびき)】

挽いたコーヒーの粒が、グラニュー糖くらいのもの。
パーコレーターを使用する場合に。

まとめ

コーヒーは抽出する器具に合わせた粒度(挽き方)が大切です。
同じコーヒーでも粒度の違いで、抽出後の味わいが変わってしまいます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

72

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。